ビゲン ポンプカラーの使い方

混合液をつくり、泡を出します。

専用ポンプに、1剤、 2剤を全量入れます。

※1剤・2剤は分割使用できません。

ポンプをしめ、泡立たないように左右にしっかり10〜15回振ってください。

※振り方が弱いと泡になりません。

ポンプをしっかり押し適量(2~3プッシュ)の泡を手のひらにだします。

※皮膚や爪も染まりますので手袋をしてください。 ※新聞紙などを敷いてください。
飛び散りにご注意ください。ノズルを手で覆うようにして出してください。
パッケージの裏のミシン目にそって穴をあけ、ボトルを置くと、安定して便利です。
乾いた髪に泡をぬり、もみ込んでなじませます。

白髪の目立つ部分から順に、根元にしっかり泡をぬり、なじませます。

白髪が目立つ、分け目などからぬり始めます。

分け目をざっくり変えながらぬります。

後頭部も縦に分けてぬり、毛先までのばします。

白髪が目立つ、分け目などからぬり始めます。

分け目をざっくり変えながらぬります。

後頭部も縦に分けてぬり、毛先までのばします。

生え際など細かい部分は、手のひらの泡を指先にとってぬります。

耳の後ろ、えりあしは、髪を持ち上げるようにしてぬります。

髪全体に泡をたっぷりぬり足し、もみ込んでしっかりなじませます。

もみ込むとクリーム状になります。
使用量が
少ないと充分に染まりません。

髪全体に泡をたっぷりぬり足し、もみ込んでしっかりなじませます。

もみ込むと
クリーム状になります。
使用量が
少ないと
充分に染まりません。
放置したあと、洗い流します。

20分ほど放置します。

ラップやヘアキャップをつけないでください。液だれするおそれがあります。
残った混合液は必ずすぐに洗い流してください。

シャンプー、 コンディショナーをして洗い流し、タオルで水気をよく拭き取ります。

※汚れてもかまわないタオルでふいてください。

添付のアフターカラー美容液で仕上げます。

専用ポンプは、くり返し使用できますので、洗浄し、保管してください。
容器・ポンプの洗浄方法

ポンプを取りはずし、容器を洗います。

ポンプを洗います。

(1) 外側を洗います。

ポンプを押さずに、外側を水洗いします。

(2) 内側を洗います。

ボトルに約半量の水を入れてポンプをしめ、20~30回ポンプを押します。水を入れ替えて、2回ほどくり返します。
※ボトルを立てた状態でポンプを押してください。 ※飛び散りに注意してください。

(3) 内側の水を切ります。

ポンプを取りはずし、必ず逆さにして数回押し、内側の水をしっかり切ります。

(1) 外側を洗います。

ポンプを押さずに、外側を水洗いします。

(2) 内部を洗います。

ボトルに約半量の水を入れてポンプをしめ、20~30回ポンプを押します。水を入れ替えて、2回ほどくり返します。
※ボトルを立てた状態でポンプを押してください。 ※飛び散りに注意してください。

(3) 内部の水を切ります。

ポンプを取りはずし、必ず逆さにして数回押し、内部の水をしっかり切ります。
ポンプは分解しないでください。
次回使えなくなるおそれがあります。
ポンプ内部に水が残ると、次回使用時、水が飛び出るおそれがあります。

よく乾かして保管します。

ポンプをはずしたまま、新聞紙などの上に置いて乾かします。ボトルにポンプをはめて保管します。
※汚れた水がたれるおそれがありますので、必ず新聞紙などを敷いてください。
※薬剤が目に入らないようにご注意ください。
※染める2日前(48時間前)に毎回必ず、皮膚アレルギー試験(パッチテスト)を行ってください。
薬剤の温度に注意
薬剤が冷えすぎると泡になりません。 混合前に室温20~30℃に1時間以上置いてからご使用ください。
汗をかくと、薬剤が目に入る場合があります。次のような行為は絶対にさけてください。
① 高温・多湿の場所(お風呂など)での染毛
② 放置時間中のラップやヘアキャップの使用
目に入ったときは絶対にこすらないで、ただちに水またはぬるま湯で15分以上よく洗い流し、すぐに医師の診療を受けてください。

PAGE TOP